1.  >
  2. 石垣マンタ図鑑

石垣マンタ図鑑

石垣島のマンタ一覧
名前と特徴の紹介

あなたのお気に入りはどのマンタですか?

登録順で探す

名前から探す

  • ハチノヘ<br>長年この海に住む、オスの大御所マンタ。

    NO.1 ハチノヘ

  • ハラジロー<br>ほぼ真っ白なお腹。「ジロー」とついているが、古いメスのマンタ。

    NO.2 ハラジロー

  • 132<br>胸に1つ、お腹に3つ、その下に2つのアザ。古くておとなしいメスのマンタ。

    NO.3 132

  • 143カケ<br>右胸に1つ、お腹に4つ、その下に3つのアザ。尻尾が切れている。

    NO.4 143カケ

  • カオ<br>尻尾がない。エラの下にある大きなアザが特徴。

    NO.5 カオ

  • シン<br>体の中心にサングラスのようなアザがある。古くて大きなマンタ。

    NO.6 シン

  • ホクト<br>北斗七星のようなアザがある。現在はサメにかじられボロボロの姿に。

    NO.7 ホクト

  • ハクト<br>残念ながら、名前の由来はわからない。

    NO.8 ハクト

  • サンコン<br>目立つアザが3つだけでわかりやすい。

    NO.9 サンコン

  • 123<br>胸にから順番に1個2個3個とアザがある。

    NO.10 123

  • デカクロ<br>尻尾が半部。1つ1つのアザが大きく特徴的。

    NO.11 デカクロ

  • ハトコ<br>まだ遭遇回数が少なく、これから思い出を作っていきたいマンタ。

    NO.12 ハトコ

  • ハリガネ<br>その昔、針金のようなものに巻かれているところを、伊藤氏によって救出された。

    NO.13 ハリガネ

  • シンモドキ<br>「シン」に似ているオスのマンタ。

    NO.14 シンモドキ

  • アミメノサンダー<br>胸に網目のような模様と、お腹に3つのアザ。

    NO.15 アミメノサンダー

  • メダマ<br>名前の由来はわからない。尻尾が半分しかない。

    NO.16 メダマ

  • テンビンセブン<br>お腹に数字の「7」(反対ではあるが)のアザ。

    NO.17 テンビンセブン

  • ハトノオヤ<br>名前の由来はわからない。大きなメスのマンタ。

    NO.18 ハトノオヤ

  • ザリガニ<br>胸のアザがザリガニのように見える。

    NO.19 ザリガニ

  • サンゴ<br>胸に3つ、お腹に5つのアザ。

    NO.20 サンゴ

pagetop