1.  >
  2. 石垣マンタ図鑑

石垣マンタ図鑑

あなたのお気に入りはどのマンタですか?

登録順で探す

名前から探す

  • イトカラミ♀<br>大きなメスのマンタ。名前の由来はわからない。

    NO.61 イトカラミ♀

  • V2<br>胸にアルファベットの「V」、その下に2つのアザ。与那国で目撃されたこともある。

    NO.62 V2

  • サン<br>お腹に特徴的なアザが3つ。2016年に妊娠している姿を確認。

    NO.63 サン

  • イチワ<br>胸に1つ、お腹に輪のようなアザの配置。

    NO.64 イチワ

  • タテニ<br>胸にアザが縦に2つ。

    NO.65 タテニ

  • サンシン<br>右の翼に3つ、お腹に4つのアザ。

    NO.66 サンシン

  • アミメ<br>胸のアザが網目のように見える。

    NO.67 アミメ

  • コメダルマワン<br>個人的はに、いつもメスマンタを追いかけているような印象がある。

    NO.68 コメダルマワン

  • バラス<br>古いマンタだが、遭遇回数は少ない。しっぽが曲がっている。

    NO.69 バラス

  • マンイチ<br>古くて大きいメスのマンタ。

    NO.70 マンイチ

  • マジュロ<br>お腹のアザがマジュロ環礁のだからそう名付けられた。左の頭ビレがない。

    NO.71 マジュロ

  • Mグッド<br>まだ遭遇回数が少なく、これから思い出を作っていきたいマンタ。

    NO.72 Mグッド

  • シーサン<br>左の翼に4つのアザ、お腹から右の翼にかけて3つのアザ。

    NO.73 シーサン

  • L14テンR<br>よく数えると、左の翼に14個の小さいアザがある。

    NO.74 L14テンR

  • スリヘリ<br>アザの特徴は少ないが、いつも同じ黒いコバンザメがついてる(ような気がする)

    NO.75 スリヘリ

  • タテロク<br>ヨナラ水道の常連マンタ。「6」をどう捉えるかは難しいが…

    NO.76 タテロク

  • タテゴト<br>胸からお尻にかけて、縦に5つのアザ。(タテゴというマンタもいる。)

    NO.77 タテゴト

  • ハテルマ<br>まだ遭遇回数が少なく、これから思い出を作っていきたいマンタ。

    NO.78 ハテルマ

  • ハナレ<br>まだ遭遇回数が少なく、これから思い出を作っていきたいマンタ。<br />

    NO.79 ハナレ

  • イツ<br>まだ子供のマンタ。お腹のアザがカタカタの「イツ」に見える。

    NO.80 イツ

pagetop